1000万円以上するベンツは高い?それとも安い?


1000万円以上するベンツ

 

1000万円以上するベンツは高いですか?

 

もしこのような質問をされた場合、多くの方はこのように答えるのではないでしょうか?

 

「高いに決まってるだろ!」

 

逆に、もし「安い」と答えた場合、どうでしょうか?

 

「金銭感覚が普通じゃない」
「どんだけ金持ちなんだよ?」

そう思われるかもしれません。そんな発言をする人間なんてよほどの金持ちか、あるいは突然大金が転がり込んで金銭感覚が麻痺してしまったような人間か。多くの人はつい、そんな風に考えてしまう。

 

では、仮にあなたがその1000万円以上するベンツのセールスマンだとします。

見込み客に対してそういう発言をすることは果たして正しいでしょうか?

 

1000万円以上のベンツを買うのはあなたではありません。

 

1000万円の車を買う。

それを高いと思うか、安いと思うか。

それを判断するのは、

 

お客様

 

です。

 

もっといってしまいますと、お客様が判断するのは高いか安いかではなくて、

 

買いたいか否か

 

です。

 

と、なりますと、

 

「年収よりも高い車なんて普通の人は買いませんよ」
「そんな無駄な買い物してどうするんですか」

 

それはあなたの独りよがりな思い込みに過ぎません。お客様の考えていることはそんなことではないのです。

 

もしお客様に対し、そんな「お説教」をしてしまったら…

 

「せっかく買おうと思ったのに…あなた「から」は買いたくない」

 

そうなってしまいます。せっかく車が売れるかもしれないのに、そのチャンスが台無しです。

 

もしもあなたがそれを買うとしたら。

即ちお客様に「成り切る」。即ち「買える」を前提に考えるとして、

 

その車に1000万円以上の価値はあるか?

 

もし、その車に1500万円くらいの価値があるとします。

特別な装備があったり、あるいはメーカーが最も開発資金を注ぎ込んで製作したモデルだったり…

だとすれば、その車は値段以上の価値を持っている。

 

と、なりますと、

 

安い

 

そう思うのではないでしょうか?

もし、他に1000万円程度の車があるとして、概ね価格と同じくらいの値段しか価値がないとしたらどうでしょうか?

1500万円の価値のある車が1000万円で買える…確かに「安い」ですよね。

 

そしてこのような車、すなわち「高級外車」には通常の車、いわゆる「国産の大衆車」にはない大きな特徴があります。

それは何かといいますと、

 

下取り価格の高さ

 

です。

 



メーカーや車種にもよって異なりますが、一般によく知られている「外車」(ベンツ、BMW、ポルシェ等)は基本的に下取りに出した際も査定が高い、即ち「高く売れる」のが特徴です。

一般的な国産車、それも長く乗ったり走行距離が長かったりすると、多くの場合「タダ同然」で引き取られてしまうのに対し、輸入車(外車)の多くは高い値段がつきます(※走行距離や年式によって個体差があります)

 

下取り価格が高いため、

「最初に買って以来、次の車も下取り価格を「元手」にしてまた外車を買う」
「そして次の車も下取り価格を「元手」にして、また次も外車を買う」

 

その結果、

 

国産車を買うよりも安く付く

 

最初に「国産車よりも100万円高い」などと言われると、つい「やっぱり外車は高い」と思われるかもしれません。

しかし何年も、そして何台も乗り換えるうちに「結局、外車の方が安かった」なんてケースは決して珍しくありません。

1年単位で見ると損をしているようで見えても、10年、20年あるいはそれ以上の期間で見た場合、得をしている場合が多いのです。

 

もし仮に、

「5年後の下取り価格は(同じ価格帯の)他の外車よりも100万円高いと予想される」
「5年後の下取り価格は(同じ価格帯の)国産車よりも200万円高いと予想される」

 

この場合、どうでしょうか?

むろん「一生乗りたい」と思っている方にとっては必ずしも必要ではない情報かもしれません。

しかし、もし短期間で買い換える事を前提としていた方の場合、結果として、

 

(トータルで)安い

 

そうなるわけです。

 

これは、いうなれば、

自動車を「資産」として考える。

発想です。

 

多くの場合、自動車は「生活の道具」です。

とりわけ「大衆車」「軽自動車」といったものは、いわば「使い捨て」です。

 

そういった「自分の考え」で物事を見た場合、

 

わざわざ高いお金を出して高い車を買う発想がわからない

 

というより、

 

考えたこともない

 

そうなってしまうのではないでしょうか?

 

「考えてみてください」といわれれば、とりあえず考える。

そんな場合に思いつくことといえば、

 

「ステータスか?」
「よほど見栄っ張りなんだろう」
「車が趣味なんでしょうね」

 

やはり「自分の考え」であって「相手の考え」ではないのです。

 

車の事例でお伝え致しましたが、こういったケース、多く存在するのではないでしょうか?

 

「高い、といわれると条件反射的に罪悪感を感じてしまう」
「高い、といえば何だか自分が一般常識人だと思い込んでしまう」

 

とりわけ、

 

「自分の収入に見合わないものを「安い」というと非常識だと思われるのではないか?」

 

これは大きな勘違いです。

 

「買いたい人がいる」
「その人が欲しがっている「情報」がある」

 

もしそうであるならば、

 

「その人が欲しい情報を提供する」

それはその人の収入とは必ずしも関係ないのです。


東京ホテル朝食日記メルマガ


e-mail

にほんブログ村 グルメブログ 朝食・モーニングへ 食べログ グルメブログランキング
【電子書籍出版致しました】